レジ袋たたんだら人生変わった!?4ステップの簡単たたみ方で「すぐ使える」収納にしよう

レジ袋をたたみましょう
スポンサーリンク

こんにちは!minakoです。

整理収納アドバイザーの勉強を始めてから、レジ袋をたたむようになりました。

今日は、これまで結んでしまっていたレジ袋をたたんでしまうようになったことの効果と、そこからわかった「すぐに使える収納」の大切さについてお話ししたいと思います。

みどり
スーパーでもらうレジ袋を?えーめんどくさい!
minako
私もそう思っていました!今日はレジ袋をもとに、しまうときの手間と使う時の手間どちらを優先するのが良いか考えてみようと思います

「すぐに使える」収納を心がけよう

minako
毎日の生活の中でこんな面倒な場面ありませんか?
  • 子どもが牛乳をこぼしたのにティッシュが空っぽ!新しいものをビニール袋からはずしてガサゴソ
  • トイレットペーパーがない!ストックはまだしまわれたままで大ピンチ
  • ペットボトルの飲みものがなくなるたび納戸へ取りに行くのが大変
みどり
あるある!でもそれがレジ袋をたたむのとどう関係あるの?

レジ袋の「困った・・・」ありませんか?

ティッシュやトイレットペーパーをすぐ使いたいのに使えない・・・!これと同じような場面がレジ袋を使うときにもあるのではないでしょうか。

まず、あなたはレジ袋を家庭でどのように使っていますか?

minako
我が家ではレジ袋を缶やペットボトルのゴミ袋として再利用しています。これまでレジ袋を結んでいたことで、不便だな〜と感じていたのはこんなところです
  • 欲しいサイズの袋がなかなか見つからない
  • 使おうと思ったら破れて穴が空いていた
  • 詰め込めるだけ詰め込んで何枚あるのかよくわからない
  • 必要な枚数がわからないのでもらいすぎてしまう
みどり
これ私も嫌だなと思ってた!

とても小さなストレスですが、毎日の家事の中に少しの”引っかかり”を作ってしまう「レジ袋見つからない問題」。これを解消することで毎日のゴミ捨ての「あ〜めんどくさい」が減っていきます。

最近はスーパーでもレジ袋が有料のところが増えマイバッグを持ち歩く人も増えていますが、まだまだレジ袋をもらう機会は多いですよね。

とはいえもらいすぎは片付けとエコには厳禁!家庭で再利用できる分をきちんと把握する必要があります。

では実際にたたんでみましょう

4ステップで簡単!レジ袋のたたみ方

それではいよいよレジ袋のたたみ方を説明します。

みどり
私にもできるかな〜〜?
minako
レジ袋たたみはたったの4ステップ!写真を見ながら実際にたたんでみましょう
レジ袋たたみ方4ステップ
  1. レジ袋のシワを伸ばして広げる
  2. 持ち手と底部がくっつくように縦方向に二つ折りにする
  3. 横方向に3等分に折る
  4. 筒状の口の中に反対側を折り込み正方形になるようにする

これで・・・

minako
たったこれだけでレジ袋がこんなに小さくなりました!

たたむことでレジ袋1枚1枚がとてもコンパクトになり、かさばらずにしまえるため収納スペースの節約にもなります。

レジ袋をたたむとこんなにわかりやすい

さらに、レジ袋をたたむと省スペース以外にもこんなメリットがあります。

minako
1. 大・中・小の大きさがすぐわかるので、使いたいサイズがすぐ選べます!
レジ袋大きさ比較
minako
2. 箱に入れると枚数も一目瞭然!多すぎるレジ袋はもらわないようにできます
枚数もわかりやすい
大きさや枚数をひと目で確認できると、使いたいレジ袋をすぐに取り出せたり、必要以上のレジ袋をもらわないように心がけることができます。
みどり
思った以上にたくさんの効果があるのね!

まずやってみることが大切です

どうでしょう、レジ袋たたみたくなってきましたか?
みどり
う〜〜ん、良さそうなのはわかったけど、家にあるレジ袋全部たたむのは気が重いなあ・・・
minako
そんな声が聞こえてきそうなので、実際に我が家でたたんだ様子をお教えします!

実録!レジ袋たたみ!!!

  1. キッチンの引き出しにしまわれていたレジ袋を全て出す(大小、種類も様々30枚弱ありました!)
  2. 手に取ったものからどんどんたたむ
  3. 途中、底の方に穴が空いていたり、裂けているレジ袋が2〜3枚あったのでたたまずに処分
  4. 中サイズの袋が多かったので、10枚を目安に余った分は処分
  5. 結果、20枚程度の3サイズに厳選してたたむ

所要時間 : 20分

一度全てのレジ袋をたたんでしまえば、この後は買い物に行くたびもらってくる2~3枚ずつのレジ袋をその都度たたむだけで良くなります。まず重い腰を上げて20枚、20分のレジ袋たたみを始めてみてください。
minako
これだけで使いたい大きさのレジ袋を探す手間がなくなりますよ!

レジ袋からわかった!すぐに使える”スタンバイ収納”の効果

 私がレジ袋をたたんでわかったのは、ものは使うときに備えたしまい方をすることが大切だということ。

レジ袋に限らず、ティッシュやトイレットペーパー、掃除用品など、いつ必要になるかわからないものはあらかじめ使うときを想像して、すぐに使えるように準備して収納することが重要です。

このように常にスタンバイ状態でものを収納しておくと使いたいときのストレスが減るだけでなく、結果的にしまうときも簡単にしまうことができ、部屋が散らかるのを防ぐことができます。

スタンバイ収納に切り替えよう

いかがでしたか?

レジ袋をたたむことの効果、そしてものを「すぐに使える」ように収納することの大切さを感じてもらえたでしょうか。

家中のものを「使うとき」を想定して”スタンバイ収納”しておくことで、毎日の家事や生活がグッと楽になりますよ。

スポンサーリンク
レジ袋をたたみましょう