これからママになるあなたへ。赤ちゃんを迎える部屋作り3つの出産準備アドバイス

赤ちゃんを迎える部屋づくり
スポンサーリンク

ここちよい部屋で赤ちゃんと幸せなひとときを

こんにちは!

片付けでママの暮らしをもっとラクに!楽しく!

片付けブロガーのminako(@minakoinoue_)です。

 

待望の赤ちゃんを授かった!

 

そんな幸せいっぱいのママさん、おめでとうございます(о´∀`о)

 

最近わたしの周りでも、友だちが赤ちゃんを授かったり、誕生したり。

 

おめでたい話が続いてうれしい気持ちでいっぱいです。

 

特に、学生時代から仲良しの友だちがママになるのが今から本当に楽しみ!

 

minako
ああ・・・ほにゃほにゃの新生児ちゃん・・・可愛いだろうなあ・・・

 

なんて思いながら息子が生まれたばかりの頃を思い出していたら、ちょーいい匂いの可愛い息子の思い出と一緒に

 

「あ〜こんなことで大変だったな」とか「産まれてくる前は心配なこともたくさんあったな」とか苦労したことも思い出しました。

 

あなたもいま、うれしい幸せな気持ちと同時に「赤ちゃんが生まれたらどんな生活になるの?」「準備しておいた方がいいことって何だろう?」と心配する気持ちもあるんじゃないでしょうか。

 

わたしもいざ息子が生まれてから

 

minako
もっとこうしておけばよかった〜

 

と後悔したことがたくさんありました。

 

これから赤ちゃんを迎える友だち、そしてもう少しでママになるあなたが、

 

少しでもラクに子育てをスタートできて、楽しいうれしい気持ちをいっぱい感じながら赤ちゃんとの時間を過ごしてほしいな

 

と思ったので、今日はこれからママになるあなたに、赤ちゃんとママが快適に過ごせる部屋づくりのヒントをお伝えします。

 

スポンサーリンク




こんにちは赤ちゃん!わたしが大変だったこと3つ

まずは、わたしが初めての子育てをスタートして、「大変だったな」「もっと準備すればよかった」と思ったことを3つお伝えします。

 

1.慣れないお世話で手際が悪い

生まれたばかりの赤ちゃんのお世話・・・あなただって生まれたてのママ!

 

当然やること全てが初めての経験。

 

なにをするにも時間がかかるし、ほにゃほにゃの赤ちゃんをお世話するのはとっても緊張します。

 

その上、赤ちゃんのお世話をしていると突然「げげっ!どうしよう・・・!」という予想できない大事件が起こることも。

 

minako
あっ!ウンチ漏れてる!おしりふきは!?着替え着替え・・・ぎゃーおしっこしてるー!!!

 

minako
ミルクたくさん飲んだね〜ゲップしようね〜(トントン)わわっ!吐き戻し〜!ガーゼ・・・どこだっけーーー!

 

みたいな感じで、毎日あたふたしてました。

 

これも、使うものを使いやすい場所に準備しておいておけばもう少し慌てずに余裕を持ってお世話できたなって思います。

 

慣れてくればだんだん手際よくできますが、事前に準備と心構えをしておくと、ただでさえ産後でクタクタな体にムチをうつ必要がなくなるかもしれません。

 

2.眠い。とにかく眠い

生まれてすぐから1ヶ月くらいの赤ちゃんには朝晩の感覚がありません。

 

そのため昼も夜も関係なく、気の向くままに寝たり起きたりを繰り返しています。

 

特にうちの息子は寝ないタイプで、続けて寝ても30分とかがザラ・・・夜中も起きるし、一度起きたらなかなか寝ない。

 

というか抱っこでしか寝ない。ベットに置いたら3分で目を覚ます。

 

minako
本当に気が狂いそうでした(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

ママは赤ちゃんが寝ているうちにあれもこれもと家事をやりたくなりますが(わたしも最初は無理してがんばった)、睡眠不足が続くと注意力が落ちて赤ちゃんを危険な目に合わせてしまったり、イライラしてパパに八つ当たりしたりといいことがありません。

 

できるだけ手抜きをできるような部屋作りをしておき、赤ちゃんが寝たら即!一緒に寝ましょう!

 

3.手伝ってくれる人との摩擦でイライラ

わたしは実家が近かったこともあり里帰りはせずに産後も自宅で過ごしました。

 

1ヶ月ほどは母が手伝いに来てくれ、夫も仕事を早めに切り上げてかなり家事を負担してくれました。

 

いま思うと本当に恵まれてました。ありがとう。

 

な の に ! ! !

 

当時のわたしは一生懸命手伝ってくれる母や夫にもイライラしっぱなし!

 

  1. 母は慣れない家での家事であたふた「お醤油どこだっけ?とか聞かれる」
  2. 夫も普段やらない家事もやってあたふた「これ一緒に洗濯していい?」
  3. わたしもイライラしてるからつい強い口調で「〜やっといて」とか言っちゃう
  4. 結果みんななんかイライラする

 

minako
ああ〜最悪。全部わたしが悪い。なにをそんなにイライラしていたのか、本当にごめんなさい(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

これが産後のホルモンバランスの乱れってやつですね。産後の母はケモノのような気性の荒さですよ。

 

 

なんて言い訳を後からしてもしかたないので、生まれる前に手伝ってくれる人のことを考えて、もっと準備して使いやすくしておくべきだったなと反省です。

 

そして手伝ってくれることへの感謝の気持ちと、赤ちゃんが元気でみんななんとか生きていければオッケ〜な寛大な心を持つべきでした。

 

赤ちゃんを迎える部屋づくり3つのポイント

それではお待ちかね!

 

こんなダメダメだったわたしの体験と反省から、これから赤ちゃんを迎えるあなたに

 

赤ちゃんとママがラクに過ごせる部屋づくりの3つのポイント

 

をお伝えしたいと思います。

 

1.赤ちゃんの安全が第一

なにはともあれこれ!

 

赤ちゃんが生まれてすぐは、家のことなんてな〜んにもできなくてOK!当たり前!

 

あなたの赤ちゃんが毎日元気に育って、怪我をすることがなければ、新米ママの育児は100点満点!

 

少しでもラクに赤ちゃんの安全を確保できるように、事前に危険な場所がないかチェックしておきましょう。

 

  1. 直射日光を避ける
  2. エアコンの風が直接当たらないようにする
  3. ぶつかって怪我をする鋭利な場所(タンスの角とか!)がないようにする
  4. 落下物がないようにする

 

minako
この辺りはしっかり押さえておきましょう!

 

生まれたばかりの赤ちゃんでも、足をバタバタ動かしているうちに寝ている場所がずれてベットから落ちてしまったなどの事故もあるので安全な場所を作っておきましょう。

 

我が家には飼い犬がいたので、上に乗られたりしないようにベビーベットを用意しました。

 

床にベビー布団を敷く予定の人もぶつかって怪我をしたり、上からものが落ちてこない場所を確保しましょう。

 

2.一緒に使うものをまとめる

新米ママは赤ちゃんのお世話全てが初めての経験!

 

ミルクをあげるのも必死、オムツをかえるのも必死、お風呂に入れるのも必死・・・!

 

産後のヨレヨレの体と睡眠不足で鈍った判断力。

 

これまでのように手際よくいろんなことをこなせません。

 

生まれたばかりの赤ちゃんはウンチもゆるくてオムツから漏れまくるので、オムツ変えセットや着替えはすぐ手に取れる場所にまとめておきましょう。

 

ミルクセットもまとめておくと、お腹が空いて泣いている赤ちゃんを待たせることなく作れますよ。

 

3.みんなに手伝ってもらってラクしよう!

初めての赤ちゃんと暮らし始めてとにかく大変なのは新生児の1ヶ月〜首すわりの3ヶ月頃。

 

くにゃくにゃ頼りない赤ちゃんのお世話に睡眠不足、自分でなんでもやろうとするのは無理です。

 

遠慮なく家族にたくさん甘えて乗り切りましょう!

 

そのとき事前に、食事作りで使うお鍋やフライパン、食器や調味料をまとめたり、洗濯や掃除に必要なものを1ヶ所にまとめてラベリングするなど、誰が見てもわかりやすい&使いやすい状態にしておくのがポイント。

 

わたしのように

 

minako
なんでもかんでも聞かないで!キイイィイイイイ・・・!

 

と理不尽なイライラに震える必要がなくなります。

 

あなたが当たり前にやっていたことを、手伝いに来た人に「同じようにやってよ〜」と要求するのは無理!

 

手伝ってくれる人も助けてもらうあなたも、気持ちよくラクに過ごせるように準備しておきましょう。

 

赤ちゃんを迎える部屋を作ってハッピーに過ごそう

初めて赤ちゃんを迎えると思った以上の大変さにビックリする人が多いはず。

 

わたしも

 

minako
こんな大変な思いがずっと続くのか・・・終わった・・・

 

と目の前が真っ暗になるくらいの衝撃を受けました。

 

 

でも

 

生まれたばかりだと思っていた赤ちゃんは、ほんとーにあっという間に大きくなってしまいます。

 

そんな大切で愛おしい赤ちゃんの時期を、幸せいっぱいに過ごすためにも事前にできるだけ準備をしておくのがオススメです。

 

これから始まる赤ちゃんとの暮らしを思い描きながら楽しんで準備をしてみてくださいね!

スポンサーリンク
赤ちゃんを迎える部屋づくり