はあちゅう『半径5メートルの野望』を読んでわかった!夢を叶えるために大切な3つのこと

夢を叶える3つの行動
スポンサーリンク
  • 夢を叶えられるのは特別な人だけだ
  • わたしなんて・・・が口グセで自分に自信がない
  • キラキラ輝いている人がうらやましい。てか妬ましい

 

今日はこんなあなたに絶対読んでほしいーーーー!!!

 

自分のためにがんばれる自分になろう

こんにちは。

 

片付け専門家ママブロガーのminako(@minakoinoue_)です。

 

突然ですが、あなたの夢はなんですか?

 

あなたは夢のために、毎日がんばれていますか?

 

minako
少し前のわたしなら、答えは思いっきりNO

 

夢なんていえるほど大きな目標はないし、毎日楽しく平和に暮らせればいいや、なんて野望のカケラもありませんでした。

 

そのくせ、Facebookやインスタで毎日充実して楽しい毎日を送っている友だちを眺めては「いいなあ」とうらやましく思ったり。

 

これって自分の毎日に満足しているようで、できていなかったからなんですよね。

 

どこかに隠れている”わたしのやりたいこと”が見つかる日を夢みて、いまの自分とのギャップにがっかりしたり。

 

そんなむっつり野心家のわたしが、はあちゅうさんの『半径5メートルの野望』を読んだことで

 

  • 自分の夢を見つけることができた!
  • 夢のためにがんばる一歩を踏み出せた!
  • わたしの毎日が変わりはじめた!

 

と大きく動きはじめました。

 

いま、わたしと同じように自分のやりたいことがわからなかったり、人をうらやんでばかりのあなたに、『半径5メートルの野望』を読んでわかった

 

夢を叶えるために大切な3つのこと

 

をお伝えします。

 

スポンサーリンク




はあちゅう『半径5メートルの野望』って?

まず、はあちゅうさんについて簡単に紹介です。

はあちゅう(作家・ブロガー)1986年生まれ。

慶應義塾大学在籍中にブログをはじめて、卒業旅行の際には企業からスポンサーを募り、タダで世界一周を実現。

2009年に電通に入社し、コピーライターとして勤務したのち、2011年にトレンダーズに転職。2011年より同社にてドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ」の編集長をしていた。2014年9月に退職後はフリーとして、執筆活動や講演活動を行っている。

主な著書

  • 『はあちゅうの 20代で「なりたい自分」になる77の方法』 PHP研究所、2008年
  • 『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』 角川書店、2016年

 

出典:Wikipedia

 

minako
なんときらびやかな経歴・・・!

 

本の出版やテレビ出演などでたびたび目にしていたはあちゅうさん。

 

言いたいことをズバズバ言って炎上もいとわず、強くてちょっと近寄りがたいイメージがありました。

 

でも実は、はあちゅうさんは外見にコンプレックスがあり小・中・高校生までずっと自分に自信が持てなかったそうです。

 

そんなはあちゅうさんが

 

  • コンプレックスをエネルギーに変えて
  • なりたい自分になるために行動し
  • 好きなことをして生きていけるようになった

 

過程を赤裸々に明かしているエッセイ、それが『半径5メートルの野望』です。

 

 

『半径5メートルの野望』の中には、はあちゅうさんが自分のコンプレックスや周りからの中傷に向き合いながら、なりたい自分になるために自分を奮い立たせてきた言葉がたっくさん詰まっています。

 

強くて完璧に見える彼女も、元はわたしたちと同じく悩みの多い女の子。

 

そんな「普通」の女の子のはあちゅうさんだからこそ、わたしたちが手本として目標にするべき考え方や行動がたくさんあります。

 

はあちゅうさんの等身大の言葉を生で感じたい方は、今すぐ『半径5メートルの野望』を読んでください。

 

「もう少し詳しく教えて!」というあなたには、わたしが『半径5メートルの野望』を読んでわかった

 

夢を叶えるために大切な3つのこと

 

を伝えたいと思います。

 

夢を叶えるために大切な3つのこと

1.夢を大志と捉えすぎない

 

本のタイトルにもある「半径5メートル」というコトバ。

 

わたしたちの悩みや関心は、たいてい自分の半径5メートル以内におさまっています。

 

遠い世界のどこかで起こった悲しいできごとは一瞬あなたのこころを痛めることはあっても、それよりも会社の上司の嫌味とか彼氏と喧嘩した心のモヤモヤの方があなたにとってはずっと重大なことです。

 

わたしたちの毎日はこの「半径5メートル」で成り立っています。

 

「夢」を大きな志だと思うと、とたんに

 

minako
わたしには人に胸を張って言えるような夢なんてない

 

と動けなくなってしまいます。

 

でもはあちゅうさんは、

 

夢を、「大きくて、遠くて、追いかけ続けるもの」だと思っているとなかなか叶わないけれど、半径5メートルくらいの夢なら、気軽に叶えられます。そして、夢を気軽に叶えてさえいれば、その人生は、夢を叶え続ける人生になるのです。

引用:『半径5メートルの野望

 

と言っています。

 

気軽に半径5メートルの夢を叶えていき、「夢を叶えるクセ」を身につけることがなにより大切です。

 

2.人生は今日の連続でできている

わたしはずっと、いつか自分と家族のペースを優先しながら好きな仕事をしていきたいと思ってきました。

 

でもそのために、いつ、何を、どうすればいいのかはわからず、ただなんとなく毎日を過ごしていました。

 

当然、ただぼーっとしていただけのわたしには理想の生活なんて手に入るわけはありません。

 

夢を叶えるためには、まず具体的なイメージを持つことと、明日でも明後日でもなく、「今日から自分の行動と意識を変えること」。叶った瞬間のイメージだけではなく、叶うまでの過程のイメージを同時に持つことです。

引用:『半径5メートルの野望

 

1年後、5年後、10年後の夢を叶えるために、今日なにをするか。

 

これが一番大切です。

 

今日という日の積み重ねが、わたしの未来を作っていく。

 

当たり前すぎて忘れていたことに、ハッと気づきました。

 

 

「いつ」までにやるのかを意識しただけで、わたしの人生は前向きに進みはじめてます!

 

3.まずは1ヶ月本気でやってみる

とにかく「やる」と決めた人と、「なんとなくやらない」人の人生はどんどん差が広がっていきます。だから、本気で人生を変えたかったら、あれこれといろんな可能性を妄想するのではなく、とにかく「まずはやってみる」ことが大事なのです。

引用:『半径5メートルの野望

 

ズシンと響きませんか?

 

わたしは今まで、やってみる前に失敗したときのことを考えて「やってみたいけど、どうしよう」と悩んでばかりいました。

 

でも、わたしが「どうしよう」と悩んでいる間も行動力のある人はどんどんチャレンジして、「やってみてうまくいった」、「挑戦したけどダメだった」と新しい発見をしていたんです。

 

これが、1ヶ月、1年、5年、10年と積み重なったら、どれだけの差が出るか・・・。

 

何かほんの些細なきっかけで、人生は、1ヶ月前と全く別物になるから、「1ヶ月だけ全力を出してみる」というのは試してみる価値のあるチャレンジだと思います。

引用:『半径5メートルの野望

 

はあちゅうさんも言っているように、3月に資格の勉強を始め、ブログを続ける前と後ではわたしの考え方は全く変わりました。

 

これまで情報を受け取る一方だったわたしが、誰かに「伝える」喜びを知って自分の人生を変えはじめています。

 

「まずやってみる」、そして「1ヶ月は全力で続ける」

 

これがあったからこその大きな変化です。

 

はじまりはあなたの半径5メートルにある

『半径5メートルの野望』を手にとるまで、はあちゅうさんは言いたいことをズバズバ言って、やりたいことを仕事にしてる才色兼備のすごい人というイメージでした。

 

でも本当は、女の子らしく見た目を気にしたり、理想の自分と今の自分の差に落ち込んだりする「普通の」人。

 

はあちゅうさん自身も『半径5メートルの野望』の中で、「自分には特別な才能があるわけじゃない」と言っています。

 

ただ、はあちゅうさんには「なりたい自分になるための道筋を立てて行動し続ける」才能があります。

 

スポーツや芸術のどんな素晴らしい才能があったとしても、「行動し続ける」という才能がなければ成功できません。

 

なりたい自分になるために欠かせない「行動し続ける」才能。

 

これは誰でも、磨いて鍛えられる才能です。

 

わたしは『半径5メートルの野望』を読んでわかった夢を叶えるために大切な3つのことを実践して、わたしの世界が変わってきたのを感じています。

 

まだ自分のやりたいことが見つかっていないあなたは、まだ気づいていないあなたの強みを知ることで思わぬ夢に出会えるかもしれませんよ。

 

あなたもぜひ、半径5メートルの夢を叶えることからはじめて「夢を叶え続ける人生」を生きてください。

 

はあちゅうさんの『半径5メートルの野望』を読んでみたい方は、こちらからどうぞっ!

スポンサーリンク
夢を叶える3つの行動