男の子の子育てに疲れたわたしが助けられた2つの育児本

サイトロゴ
スポンサーリンク

男の子の子育ては大変!?

こんにちは、3歳&6ヶ月のふたりの男の子を育てるママのminakoです。

元気モリモリ、食欲モリモリ、体力モリモリな男の子の育児・・・疲れますよね。

特に上の息子は3歳のおふざけ期まっただ中!

ひとの話は聞かない。

考えるより先に動く。

いつも何かと戦って自己陶酔。

3歳児のど真ん中をいくやんちゃボーイで、正直かなりイライラする場面も・・・

おまけに下の子が生まれてからは常に寝不足で、ふたりの子どもをみるのにキャパはギリギリ(ときにはオーバー)。

あとから思えば小さなことで、キツく叱ってしまうこともしばしば。

息子だって赤ちゃんが生まれてから、たくさんガマンもしてがんばってるのに、どうしてこんなにイライラしちゃうの!と夜には自己嫌悪の日々・・・。

ついイライラしてしまう自分をなんとか抑えようと、これまであまり手に取らなかった育児書を読んでみたところ、思ったよりもずっと心が落ち着き、上の子のやんちゃも優しい目で見守れるようになりました。

いま、元気ありあまる男の子の育児に疲れてしまったママに、わたしが読んでとっても助けられた本を2つ紹介します。

スポンサーリンク




男の子の子育てにイライラがピークに達したわたしが救われた本

1. うちの息子ってヘンですか?(小﨑康弘)

思わずため息をついてしまうような男の子の「わけわからん」行動とママの対処方法がかわいいイラストとともに紹介されています。

思わず「あるある!」、「うちの子と一緒!」とうなづいてしまう行動や特性ばかりで笑ってしまいます。

例えば、

「特性その1 男の子はオタク」を紹介する部分では、男の子のこんな行動パターンが紹介されています。

自分の好きなものにとことんこだわり、それ以外を認めない。好きなものだけあればいい。
おもちゃの電車を並べます。車も並べます。ダンゴムシも並べます。(中略)踏み切りの前で電車が来るのをじーっと待っています。(中略)あぁ、お母さんにとっては、電車地獄、車地獄、ダンゴムシ地獄。

読みながら、「わかってくれましたか!」と叫びたくなるエピソードが盛りだくさん。

そして、そんな男の子の特性に合わせたお母さんの対処法もアドバイスしてくれます。

男の子は、興味の範囲や内容も、とても狭いです。そして偏っています。(中略)そして好きなものをうまく使うこと。オタクにはオタクの対応法でいきましょう。例えば、電車好きの男の子はそれをテーマに自分の世界を作り、おもちゃを集めたり、遊んだりしながら、認識力を高め、自我を形成し、知識を吸収して、学びの土台を積み上げていきます。

「なんだ、男の子ってみんなそうなんだ!」と安心し、「これでいいのだ!」と太鼓判を押してもらえることで、今までより広い心で息子のトホホな行動も受け止められるようになりました。

2. 子どもの本当の気持ちが見えるようになる本(原坂一郎)

こちらは男の子限定ではありませんが、ママを悩ませる子どもの「困った行動」について、子どもなりの事情を紹介するもの。

おもちゃを乱暴に扱う、片付けない、すぐに「あれ買って」と言う、などなど
一見「ママを困らせちゃえ!」とみえた子どもの行動にも、例えばこんな事情が・・・。

子どもが大人から叱られる行動の99%は、人生経験が少ないことによる「経験不足」と「無知」からくるものだと思っています。「故意」ではないのです。「過失」なのです。

子どもはいつも言葉足らずです。言いたかったことをうまく言えず、本当の気持ちの10分の1くらいしか言葉にできません。

落ち着いたときに見ると「なんだ当たり前じゃん」と思うようなことでも、疲れて余裕のないときに読むことで「まだたった3歳の子どもなのに」とハッとさせられました。

改めて子どもの事情を知ることで、ついイライラしてしまう場面でも少し落ち着いて声をかけることができるようになりました。

子育て中に本を読むならKindleがおすすめ

子育てにつまづいたときや不安なとき、育児本を読みたいと思っても、なかなか本を読む時間がないという方も多いのでは?

そんなあなたにオススメなのはKindleです。

Kindleは、Amazonが提供するサービスで、Kindle端末を持っていなくても、あなたのスマホにアプリをダウンロードすれば購入した本を読むことができます。

子育て中は本を広げてじっくり読む時間もないし、荷物も多いので本をカバンに入れて持ち歩くことなんてできませんよね。

でもKindleならスマホ1台でいつでも本を読めるので、習いごとの待ち時間や寝かしつけの間にささっと読むことができました!

また、スマホに本が入っていると、心に残った言葉を見返したり、最近イライラしてるなと思ったらすぐにもう一度読めるのでとても便利です。

育児本って、そのときいいと思っても日々の忙しさの中で忘れてしまい、また同じことでイライラ・・・となりがちなので、気軽に読み返せるのはとてもいいですよ。

スポンサーリンク




やっぱり男の子ってかわいい!

上の息子が3歳になってからぐっとやんちゃ度が増し、わたしも手を焼くことが増えていましたが、育児本を読むことで息子の気持ちや男の子の行動の特徴を客観的にみることができるようになりました。

心に少し余裕が生まれたことで、「わけわからん、イラッ」が「男の子っておもしろい、かわいい」と受け止められるようになり、子育てに楽しい瞬間が増えました。

わたしが楽しく笑顔で接する時間が増えたことで、息子もニコニコと機嫌が良いことが増え、家族みんなにとって良いことがたくさんありました。

今日も3歳のやんちゃ息子は地球を守るために変身して悪と戦い、ときどき怪獣になって大暴れし、元気いっぱい過ごしています。

男の子って、やっぱりかわいい!

スポンサーリンク
サイトロゴ
▼アーカイブ
▼カテゴリー一覧

ABOUTこの記事をかいた人

整理収納アドバイザー| 30才・3才息子&5才マルプーのワーキングママ| 子育て・家事・仕事を両立しながら毎日を楽しく過ごす片付けのコツを紹介しています。働くママや主婦のあなたの暮らしに役立つ整理収納アイディア満載!無印良品や100圴グッズをフル活用で誰でも片付け上手になれますよ♪